世界の著名ヘッジファンド、中国アニメ動画サイトのビリビリに熱視線 – ブルームバーグ

Home » 起業・独立 » 会社 届出 » 世界の著名ヘッジファンド、中国アニメ動画サイトのビリビリに熱視線 – ブルームバーグ
会社 届出, 起業・独立 コメントはまだありません



世界の著名ヘッジファンドが、中国で最も人気があるアニメ動画配信サイトを運営するビリビリ(哔哩哔哩)に賭けている。



  当局への届け出によると、タイガー・グローバル・マネジメントとポイント72アセット・マネジメント、ミレニアム・マネジメントなどのヘッジファンドが、1-3月(第1四半期)末時点でビリビリの米国預託証券(ADR)を保有。タイガーはビリビリADRを3%持つ最大保有者だ。

  3月28日に新規株式公開(IPO)を実施したビリビリの目論見書によると、上海を本拠とする同社の2017年10-12月(第4四半期)の月間平均ユーザーは7180万人と、前年同期から45%増加した。昨年末現在、ユーザーの約82%は1990ー2009年の中国生まれだと、ビリビリがクエストモバイルのデータを引用して説明している。17年の純損益は2820万ドル(約31億円)の赤字、売上高は3億7940万ドルだった。同社は23日に上場企業として初めて決算を発表する。

  ビリビリにはこのほか、中国の投資会社ヒルハウス・キャピタル・マネジメント(高瓴資本)、ジェリコ・キャピタル・アセット・マネジメント、SCGEマネジメント、メープルレーン・キャピタルなどが投資している。

  16日のビリビリADRは前日比16%高の14.11ドルで終了。上場来では23%上昇している。

原題:Some Prominent Hedge Funds Are Piling Into a Chinese Anime Site(抜粋)



コメントを残す