インバウンド需要で潤うビックカメラ、創業者はビリオネアに – ブルームバーグ

Home » 起業・独立 » インバウンド需要で潤うビックカメラ、創業者はビリオネアに – ブルームバーグ
起業・独立 コメントはまだありません



日本の小売業界の大物である新井隆二氏は、中国人観光客の旺盛な消費に感謝すべきだろう。
  
  40年前に新井氏(71)が創業したビックカメラは、訪日外国人旅行者(インバウンド)の買い物人気スポットとなった。同社の利益は過去最高を更新し、株価は過去1年で50%余り上昇。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、株価上昇に伴って新井氏の総資産は18億ドル(約1990億円)に増加した。2006年に同社を新規株式公開(IPO)に導き、現在は会長の同氏は、信託経由と個人資産管理会社ラ・ホールディングスを通じてビックカメラ株43%を保有している。



東京都渋谷区のビックカメラ店

写真家:Keith Bedford / Bloomberg

  ビックカメラは免税デスクを設置したり、購入希望商品の予約をオンライン上で可能にするサービスなどの提供でインバウンド需要を取り込んできた。同社はまた、アリペイ(支付宝)やウィーチャット(微信)、さらに仮想通貨ビットコインなど決済手段を広げることで中国人買い物客を獲得し、これが売り上げ増加に寄与していると、ブルームバーグ・インテリジェンスの消費財アナリスト、トーマス・ジャストラブ氏はみる。

  同氏は「新たな決済方法の早めの導入が、より慎重なライバルに対してビックカメラに強みをもたせる可能性がある。決済手段の選択肢を増やすことは差別化を達成する上で良い方法だ」と指摘。「潜在顧客の間で評判となり、ブランド力の強化にもつながる」と語った。

  ビックカメラの17年8月期連結純利益は135億円と、13年8月期に比べて5倍余りに拡大。今期純利益は164億円を見込んでいる。同社によると、同社のインバウンド顧客数は3年で3倍余り増加した。

都内のビックカメラ店内

写真家:大隅智広/ブルームバーグ

  ブルームバーグはビックカメラを通じて新井氏のコメントを求めたが、入手の機会は得られなかった。

Growing Profit

Bic Camera’s net income jumps more than five-fold over past four years

Source: Company filings

原題:Bargain-Hunting Chinese Make This Japan Retail King Billionaire(抜粋)



コメントを残す