都留に泊まれる温泉…カーナビ部品業者が開業 – 読売新聞

Home » 起業・独立 » 都留に泊まれる温泉…カーナビ部品業者が開業 – 読売新聞
起業・独立 コメントはまだありません



 都留市つるの富士急行線都留市駅近くに、温泉施設「山梨泊まれる温泉 より道の湯」がオープンした。源泉掛け流しの露天風呂や岩盤浴スペースなどを備え、宿泊することもできる。



 カーナビの部品などを製造する「WAYS」(都留市鹿留)が「地元の活性化に役立ちたい」と異業種に参入し、4月30日に開業。施設の運営はグループ会社が担う。敷地内には3階建ての本館のほか、4階建ての宿泊棟、リラクゼーションスペースを備えた2階建ての別棟が並ぶ。

 本館は1階にカフェとレストラン、2階に源泉掛け流しの露天風呂、ジェットバス、ミストサウナなど、3階に別料金で利用できる岩盤浴スペースを備え、宿泊棟にはシングル19室、ツイン4室、ダブル10室、和室3室、露天風呂付き客室が1室ある。

 施設を運営するWAYSリゾートホテルの棚本晃行専務は「掘削の結果、良質な温泉が出た。多くの人に立ち寄ってもらい、愛される施設を目指したい」と話している。

 入浴は午前10時~午後11時(最終受け付けは午後10時)。入館料は館内着・タオル付きが大人1280円(税込み)、小学生以下640円(同)。館内着・タオルなしが大人980円(同)、小学生以下480円(同)。岩盤浴は大人のみ540円(同)で利用できる。問い合わせは「より道の湯」(0554・56・8600)へ。



コメントを残す