関門海のフィスコ二期業績予想 | マネーボイス – まぐまぐ! – まぐまぐニュース!

Home » 起業・独立 » フランチャイズ » 関門海のフィスコ二期業績予想 | マネーボイス – まぐまぐ! – まぐまぐニュース!
フランチャイズ, 起業・独立 コメントはまだありません




※この業績予想は2018年4月24日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



関門海

3ヶ月後
予想株価
440円

とらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」、料理専門店「玄品以蟹茂」を運営。付加価値の高い「大とらふぐ」の販売を強化。新商材「はも」の販売開始。既存直営店舗売上高は堅調。来店促進施策などが奏功。18.3期3Qは増収。

フランチャイズ売上高は堅調。前期出店のフランチャイズ6店舗が通期寄与。原価統制強化で原価率は低下。18.3期通期はエリアFCの出店遅れ等が重し。業績拡大期待の後退により、当面の株価は上値の重い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/4,730/200/125/35/2.98/0.00
19.3期連/F予/4,900/230/155/50/4.25/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/24
執筆者:YK



コメントを残す