第12回小学生「夢をかなえる」作文コンクール募集開始 – 全国私塾情報センター

Home » 起業・独立 » 事業計画書 » 第12回小学生「夢をかなえる」作文コンクール募集開始 – 全国私塾情報センター
事業計画書, 起業・独立 コメントはまだありません



第12回小学生「夢をかなえる」作文コンクール募集開始

日本FP協会(東京・港区 白根壽晴 理事長)は、全国の小学生に将来の夢を描いてもらい、その夢を実現するためのライフプランの考え方や大切さを知ってもらうことを目的とした、第12回小学生「夢をかなえる」作文コンクールの募集を2018年5月1日より開始する。

課題図書の『夢をかなえる』を読んだ小学生が対象。「私の将来の夢」をテーマにした作文と、夢を実現するための計画書「ライフプランシート」をセットにして応募する。
昨年は全国108校の小学校と個人の方より総計3,974点の応募があった。学校や家庭でも取り組める内容で、最近ではキャリア教育や金銭教育の一環として本コンクールに応募する小学校も増加している。

課題図書の『夢をかなえる FPはライフプランのサポーター』(発行:日本FP協会)は、小学生に対し、夢を持つことの大切さに加え、夢を実現するためにライフプランを計画することの大切さを理解してもらうために、漫画でわかりやすく紹介したもの。また、ライフプランとは、将来の夢に向かって、いつ、どのようなことをしなければなら
ないのか、その時にはどのくらいのお金がかかりそうかなど、「生き方」と「お金」の両面から考えた人生計画のこと。

コンクールへの応募を希望する小学生には、課題図書をプレゼント(先着順・お一人様1冊)。なお、数に限りがあるため、お申込みはお早めに。

<課題図書プレゼント申込み先>
日本FP協会 FP広報センター 作文コンクール係
電話:0120-211-748(平日10時~16時)
ホームページ:http://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/index/

※課題図書は、当協会ホームページで閲覧及びダウンロード可(プリントアウト可)。
http://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/tosho/
本コンクールの概要・応募要項や受賞者インタビューは、協会ホームページを参照。

<作文コンクール募集要項>
■テーマ
「私の将来の夢」 作文のタイトル(題名)は自由です。
■応募期間
2018年5月1日(火)~10月31日(水) 当日消印有効
■応募資格および区分
課題図書を読んだ全国の小学生(1年生~4年生は中・低学年部門、5年生と6年生は高学年
部門の応募となります)
■賞品
【個人賞】
<中・低学年(1年生~4年生)部門>
・最優秀賞1点・・・図書カード5万円と賞状
・優秀賞5点・・・・・図書カード各3万円と賞状
・奨励賞10点・・・・図書カード各1万円と賞状
<高学年(5年生・6年生)部門>
・最優秀賞1点・・・図書カード5万円と賞状
・優秀賞5点・・・・・図書カード各3万円と賞状
・奨励賞10点・・・・図書カード各1万円と賞状
【学校賞】
・最優秀学校賞1校・・・図書カード10万円と賞状
・優秀学校賞5校・・・・・図書カード各3万円と賞状
【参加賞】
・参加者全員に記念品をお送りします。

■本コンクールに関するお問い合わせ先
・コンクール事務局:
〒105-8436 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
日本教育新聞社「小学生『夢をかなえる』作文コンクール」係
TEL:03(5510)7805  受付時間:平日9:00~17:00
・主催者本部事務所:
日本FP協会「FP広報センター」作文コンクール係
TEL:0120(211)748  受付時間:平日10:00~16:00

詳細はこちらのページをご覧ください。
小学生『夢をかなえる』作文コンクールホームページ:http://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/index/

< 法人概要 >
協会名:特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
創 立:1987年11月19日  ※2001年7月2日に特定非営利活動法人(NPO法人)として、
スタート
理事長:白根 壽晴
所在地:<本部事務所>東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F
    <大阪事務所>大阪府大阪市北区堂島浜1-4-19 マニュライフプレイス堂島5F
事業目的:広く一般市民に向けてファイナンシャル・プランニングの啓発と普及を図る。
     ファイナンシャル・プランニングの担い手(専門家)であるファイナンシャル・
プランナーを養成・認証する。
事業内容:・ファイナンシャル・プランニングに関する知識の啓発と普及
     ・ファイナンシャル・プランニングに関する調査、研究及び情報の提供
     ・ファイナンシャル・プランニングに関する書籍の発行
     ・国内外のファイナンシャル・プランニング関係機関との交流
     ・ファイナンシャル・プランナーの教育と資格認定試験の実施



コメントを残す