福井の老舗旅館が全焼 明治17年創業の国登録文化財 – 朝日新聞

Home » 起業・独立 » 福井の老舗旅館が全焼 明治17年創業の国登録文化財 – 朝日新聞
起業・独立 コメントはまだありません



 5日午後0時50分ごろ、福井県あわら市温泉4丁目の老舗旅館「べにや」から出火、木造2階一部平屋建ての建物延べ約3100平方メートルが全焼した。隣の空き家など3棟も一部が焼けた。出火時、旅館には宿泊客や従業員ら6人がいたが、避難して無事だった。



 福井県警や消防によると、旅館の警備を請け負う会社から「煙が出ている」と119番通報があった。「べにや」は鉄筋コンクリート造り一部木造の本館と木造2階建ての中央館、東館があり、通路でつながっている。本館2階の宴会場付近から出火し、中央館、東館へ燃え移ったのではないかとみて原因を調べている。

 「べにや」は1884(明治17)年創業で、あわら温泉の代表的な老舗旅館の一つ。本館、中央館、東館はいずれも国の登録有形文化財(建造物)に登録されている。俳優の故石原裕次郎さんら著名人が宿泊したことでも知られる。

 現場はJR芦原温泉駅から西に約5キロの温泉街の一角。消防車約30台が出て消火に当たり、約4時間後に消し止めた。



コメントを残す