テスラ株急落、変動が我慢できないなら買うなとのCEO発言に反応 – ブルームバーグ

Home » 資金調達 » テスラ株急落、変動が我慢できないなら買うなとのCEO発言に反応 – ブルームバーグ
資金調達 コメントはまだありません



電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、テスラ株の変動に耐えられないなら買わなければいいと、投資家に告げた。投資家はどうやら言われた通りにしたようだ。



  1-3月(第1四半期)決算発表を受けた2日の電話会議は奇妙で白熱したものとなり、ここでのマスク氏発言が株価急落の引き金となった。マスク氏がアナリストの質問を遮る場面もあり、3日の米市場では一時、8.6%安まで下げ幅を拡大した。

  マスク氏(46)はこれでテスラを窮地に追い詰めた可能性がある。年内に資金調達を行う必要はなく、それを希望しないとの見方を繰り返したが、テスラ強気派ですら資金繰り状況に疑問を抱いている。大手投資銀行のアナリストの一部はこれまで、マスク氏が抱く壮大な野望を賄う巨額の資金調達を支えてきたが、マスク氏はこの電話会議でそれらのアナリストをあざけり、恩をあだで返すこともいとわない姿勢を示した。

  ロバート・ベアードのアナリスト、ベン・カロ氏はブルームバーグ・テレビに出演し、マスク氏は「また資金調達を行うことはないとあらためて述べた。今では誰も彼の言葉を信じていない」と述べた。

  電話会議の前にマスク氏は投資家に宛てた文書で、第3・4四半期にはキャッシュフローと純損益を黒字化させると述べた。テスラ株は急伸した後に伸び悩み、マスク氏がアナリストから受けたのは「退屈、間抜け」で「クールじゃない」質問だと電話会議で言い捨てた後、大幅下落した。

原題:Musk Says Don’t Buy Volatile Tesla Stock; Investors Listen (1)(抜粋)



コメントを残す