スタバで逮捕の黒人男性ら、賠償1ドルと若手起業家支援などで和解 – AFPBB News

Home » 起業・独立 » スタバで逮捕の黒人男性ら、賠償1ドルと若手起業家支援などで和解 – AFPBB News
起業・独立 コメントはまだありません



【5月3日 AFP】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィア(Philadelphia)にあるコーヒーチェーン大手スターバックス(Starbucks)の店舗で待ち合わせをしていた黒人男性2人が逮捕され、人種差別だと批判を浴びた問題で、スターバックスとフィラデルフィア市当局は2日、2人と和解したことを明らかにした。市当局は2人に各1ドル(約110円)を支払うとともに、若手起業家の支援基金に20万ドル(約2200万円)を拠出するという。



 ラション・ネルソン(Rashon Nelson)さんとダンテ・ロビンソン(Donte Robinson)さんは4月12日、フィラデルフィア市内のスターバックス店舗で逮捕された。警察によると、2人が注文を拒否して店内に不法侵入したとして従業員が通報。駆け付けた警官らが「丁寧に」退去を求めた後、身柄を拘束したという。

 一方、弁護士によると2人はビジネスミーティングのためもう一人の男性の到着を待っているところだった。2人が先にトイレを使わせて欲しいと言ったのに対し、店側が品物を購入した客以外は利用できないと断ったとの報道もある。

 2人が逮捕される様子を映した動画がソーシャルメディアで拡散したことから、スターバックスに対して国際的な非難が殺到。各地の店舗前で抗議デモが起きたほか、米国内では根強い人種差別問題を内省する動きも広がった。

 フィラデルフィア市長室によるとネルソンさんとロビンソンさんは、それぞれ1ドルずつを受け取り、また起業を志す公立高校生のための試験プログラムに市が20万ドルを拠出することと引き換えに、市当局を訴えないことに同意した。

 一方、スターバックスも同日、金銭的な合意のほか対話の継続や具体的な行動と機会などを含んだ和解契約が今週、2人との間に成立したと発表した。イメージ回復を模索しているスターバックスは、今月29日午後に全米の店舗と事業所を閉鎖し「人種偏見教育」研修を実施する方針だ。

 事件をめぐってはフィラデルフィア市警のリチャード・ロス(Richard Ross)警察本部長が公式に謝罪し、初動対応の「不手際」を認めている。自身もアフリカ系米国人のロス氏は当初、「警官らの対応は一切間違っていない」と述べ、各方面から非難されていた。(c)AFP



コメントを残す