香港発のエイト証券、野村アセットから2500万米ドルを調達——日本部門は野村が支配権を取得、若年層の顧客拡大に期待 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

Home » 資金調達 » 香港発のエイト証券、野村アセットから2500万米ドルを調達——日本部門は野村が支配権を取得、若年層の顧客拡大に期待 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)
資金調達 コメントはまだありません





ホーム >
香港発のエイト証券、野村アセットから2,500万米ドルを調達——日本部門は野村が支配権を取得、若年層の顧客拡大に期待

Mikaal Abdulla 氏
Photo credit: エイト証券

株式取引スタートアップであるエイト証券の創業者 Mikaal Abdulla 氏は、これまでで最大金額の資金調達を実施し、今日(原文掲載日:4月2日)は強気に感じているようだ。今回投資を受けた2,500万米ドルは、Abdulla 氏がフィンテック王国を作るために獲得した4年ぶりの資金調達だ。

前回のラウンドは2014年夏で、その際に得た資金は Chloe と Tradeflix を開発するために使った。

Abdulla 氏は、同社が2016年にローンチした手数料無料の株式取引サービスの名前を引用し、Tech in Asia に語ってくれた。この株式取引サービスは昨年10月に本格展開となった。

マーケティング活動への投資を増やし、ソフトウェア開発チームを拡大するため、今回はより大きな額を資金調達することに決めた。これまで、マーケティングに大きな投資はしてこなかったが、トラクションが強くなっていることから、アクセルを踏むのは今だと考えた。

アメリカの取引アプリ「Robinhood」とは異なり、エイト証券はアジアに特化している。ユーザの大半は出身地の香港のほか、中国本土やシンガポールにいる人々だ。

2018年は新市場に参入することは考えていないが、2019年には活動的になると思う。我々が優先する市場は、東南アジアや中国だ。

<関連記事>

フィンテックスタートアップと巨大企業との出会い

エイト証券の株式取引アプリ「Tradeflix」
Photo credit: エイト証券

今回の調達は、グループ会社である野村アセットマネジメントを経由して、日本最大の投資銀行である野村ホールディングスからもたらされた。同社は、2,500万米ドルを出資してエイト証券の主要事業の過半数未満株式と、日本部門の支配株主持分株式を取得する。

これより少し前、野村ホールディングスはメッセンジャーアプリ「LINE」のユーザが株式を売買できるようにすることを狙って、LINE と提携した。このサービスは年内に日本で開始される見込みだ。

エイト証券は、E トレードのような古株とともに、銀行や証券会社にチャレンジするフィンテックスタートアップの新しい波を構成する一社だ。Abdulla 氏と、彼のビジネスパートナーで共同創業者の Mathias Helleu 氏は、共に E トレードのエグゼクティブ出身である。2010年にエイト証券を設立する前、Abdulla 氏は E トレードで12年間勤務した。エイト証券は2012年に公開された。

我々の顧客資産は毎年倍増しており、売上はこの間で190%増大している。

Abdulla 氏は先月末のデータを引用してそう語ったが、実際の細かい数字については開示しなかった。

退職後に生計を立てられるようポートフォリオを組んでいる高齢者のような個人投資家がいる一方、エイト証券のユーザが若いことは驚きに値するかもしれない。同社の AI アドバイザーのユーザの平均年齢は28歳で、同社からスピンオフしたアプリ「Tradeflix」のそれは30歳だ。同社にとって新たな親友となった創業92年目を迎える組織(野村證券)のユーザ層とは全く異なる。

野村の顧客の平均年齢は60〜80歳。しかし、野村はミレニアル世代向けにモバイル製品やサービスをローンチすることにコミットしていて、それを実現するために我々を戦略パートナーとみなしている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

———-[AD]———-



コメントを残す