おもちゃの世界にも多様性が浸透? 黒人人形専門店が開店 – メガブラジル

Home » 起業・独立 » 個人事業 » おもちゃの世界にも多様性が浸透? 黒人人形専門店が開店 – メガブラジル
個人事業, 起業・独立 コメントはまだありません



ブラジル 黒人 人種

ブラジルの街を歩くと、すれ違う人のルーツの多様性を感じる。様々な国・地域からやってきた移民により持ち込まれた多様な文化は、ブラジルの大きな特徴の一つだ。



中でも割合が大きいのはアフリカ系ブラジル人で、ブラジル人の約54.9%と言われる。にもかかわらず、玩具の世界では、97%が白人仕様だという。

そんな状況に一石を投じる玩具メーカーがリオデジャネイロ市(以下「リオ市」)に現れた。

TVグローボが経済情報番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、リオ市に住む夫婦が共同出資方式で資金を集め、肌の黒い人形の製造を行っているという。

ジャシアーナ・メウキアデスさんと夫のレアンドロ・メウキアデスさんは、2011年から非公式に人形作りを行っているが、2017年に2万2000レアル(約70万円)を集めて事業として生産を開始した。

集めた金額は製造用の器具、材料費、 ブラジル国家度量衡・規格・工業品質院からの品質証明書取得費に投じた。

これらの人形の購買層は可処分所得が少ない世帯のため、価格設定は低くしている。布は無駄なくすべて活用しており、1メートルの布地で60-70の人形を作っている。

人形はクッション的な造りのものが25レアル(約800円)、組み立て可能なものは60レアル(約1920円)という価格設定だ。

「髪の毛部分はウールで、ボリューム感を持たせています。人形は分解することができ、この人形を使う子供は、実社会にいる、障害のある人について考える機会を持つことができます。私たちはそこに需要があると見ています」(ジャシアーナさん)

2017年、ジャシアーナさんの事業は個人事業から小規模企業に形態を変え、売上は前年比60%増の9万レアル(約288万円)に達した。売上増加のカギとなったのは従業員に対する教育だった。すべて手作りのため、全工程について教育を行き届かせる必要がある。

ジャシアーナさん夫妻は今後の計画について次のように語った。

「もう一つリオ・デ・ジャネイロ州南部に工場を作りたいです。また、ノウハウを標準化して提携先の工房を増やしていきたいです」(ジャシアーナさん)

米国のバービー人形製造販売元、マテル社は自社で製造販売する人形の「ブロンド・青い目・スレンダーボディ」路線を大きく転換した。 強い自己否定感を持つティーンエイジャーに、子供のころにバービー人形から刷り込まれた「理想の人」イメージが影響している可能性をうけてのことだという。

マテル社は今では多様な肌の色、体形だけでなく、妊娠中、イスラム式チャドル、メガネ、車いす付きなど実在の世界に近づけるべく、バリエーションを持たせた人形を製造販売している。国は違えど、ジャシアーナさんの人形作りはこの潮流と方向を一にしている。

たかがおもちゃ、されどおもちゃ。何を与えるかは親次第だが、選択肢が増えるのは心強いのではないだろうか。

エラ・ウマ・ヴェス・オ・ムンド(Era Uma Vez o Mundo)
住所:Rua Orestes, 7- Santo Cristo. Rio de janeiro/RJ – CEP 20220-070
電話: (21) 990715500
Instagram: @eraumavezomundo
ウェブサイト:www.eraumavezomundo.com.br

(文/原田 侑、写真/Reprodução/Pequenas Empresas & Grandes Negócios/TV Globo)
写真は「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」よりジャシアーナさんの人形。TVグローボ系列の番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴の問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで)

■関連記事
ミナスジェライス州の料理と吟蒸地酒を楽しむ会、開催
ブラジル株式指数、2018年第1四半期で11.7%上昇
サンパウロ市内とグアルーリョス空港を結ぶ列車、運行へ
パスコア名物、卵型チョコ一個でコンドーム17パックが買える!? 不当な(!?)価格を皮肉ったピン芸人のSNS投稿が話題に
ブラジルで銃による死者は1日116人。黒人死者は白人の2.7倍



コメントを残す