家電スタートアップCerevo創業者 岩佐琢磨 氏、子会社代表としてパナソニック傘下へ – TechWave(テックウェーブ) #WAVE

Home » 起業・独立 » 家電スタートアップCerevo創業者 岩佐琢磨 氏、子会社代表としてパナソニック傘下へ – TechWave(テックウェーブ) #WAVE
起業・独立 コメントはまだありません



家電スタートアップとして名を馳せたCerevo社は2018年4月2日、子会社のShiftall(シフトール)社の全株式をパナソニック社に売却したことを発表しました。



これに伴いCerevo創業者/代表取締役 岩佐琢磨 氏は本日付で退任し、「Shiftall(シフトール)」社の代表取締役CEOとして、古巣であるパナソニックグループに戻ることとなりました。

(岩佐琢磨 氏 2017年5月筆者撮影)

今回の買収により、Cerevo社CTOの松本健一氏を含めたCerevo社の約1/3程度の人員がShiftalへの移籍することなります。岩佐氏は今後は「パナソニックグループの前衛的IoT製品の開発をリードする」と説明しています。

Cerevo の新社長には青木和律 氏が就任します。

株式会社Cerevo 代表取締役 青木和律プロフィール

1974年生まれ。大手重工業メーカーでHVAC(産業用冷凍設備及び大規模空調システム)の開発に従事したのち2008年に独立、ハードウェアの製造支援を手がける。2015年にハードウェア・スタートアップ支援施設「DMM.make AKIBA」へ入居し、農業IoTに取り組む傍らDMM.make AKIBAの受託開発もサポート。2016年ハードウェアプロダクトマネージャーとして「DMM.make AKIBA」で開発を続けてきたシェアリングエコノミースタートアップのローンチに参画。2018年4月より現職。

【関連URL】
・[公式] Shiftall(シフトール)
・[リリース] Cerevo、子会社をパナソニックへ売却

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 ネット接続デジカメに始まり、さまざまな「グローバルニッチ製品」をリリースし続けてきたCerevo。近年はSXSWを筆頭とする海外展示会等を活用した成長実績を積み上げていた。いささか急な展開ではあるが、スタートアップの力が大企業に求められるという一つの大きな流れとも見て取れるし、近年における日本のスタートアップシーンを牽引してきたCerevo社の新たな門出と考えることもできる。今後に注目したい。

maskin

maskin

1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長を経て現在に至る。
https://valu.is/maski

maskin

Latest posts by maskin (see all)



コメントを残す