三陸鉄道 入社式 開業以来最多10人入社/岩手 – ニュースエコー 岩手放送

Home » 起業・独立 » 三陸鉄道 入社式 開業以来最多10人入社/岩手 – ニュースエコー 岩手放送
起業・独立 コメントはまだありません



三陸鉄道 入社式 開業以来最多10人入社/岩手

 2018年04月02日 21:23 更新



 社会人としてのスタートです。新年度が本格的に始まった2日、県内各地の企業や官公庁では入社式が行われ新入社員たちがそれぞれの立場で会社や社会へ貢献することを誓いました。

 このうちJR山田線、宮古~釜石間の経営移管を今年度末に控えた三陸鉄道では2日、開業以来最も多い10人が入社しました。宮古市の本社で行われた入社式では一人一人に辞令が手渡された後、中村一郎社長が「鉄路と地域の笑顔をつないでいくよう目標に向かって欲しい。」と激励しました。

(新入社員)「親切で明るく笑顔な運転士になりたい」「沿岸地域全体の活性化にもつながるのでがんばる」

(JR東日本からの出向者)「しっかりと移管して来年3月23日のリアス線としての運転再開につなげていきたい。」

 来年3月には大船渡から久慈までの沿岸が1本のレールでつながる三陸鉄道。被災地の交通を担う社員たちに大きな期待が集まります。



コメントを残す