ビートたけしの独立騒動 水道橋博士がガダルカナル・タカの黒幕説を否定 – livedoor

Home » 起業・独立 » ビートたけしの独立騒動 水道橋博士がガダルカナル・タカの黒幕説を否定 – livedoor
起業・独立 コメントはまだありません



 タレントの水道橋博士が2日、ツイッターを更新し、1日にブログで師匠であるビートたけしが独立した経緯について軍団メンバーがブログなどで発信した際、番頭格のガダルカナル・タカが何も発信しなかったことに一部で“黒幕”的に報じられたことに「迷惑千万」と切り捨てた。



 水道橋博士はツイッターで「『とくダネ!』でも大きく報じられているが、タカさんが黒幕的な扱いになってしまっている。今後もそんな風にいわれるのも迷惑千万」と、タカ=黒幕説を真っ向否定。「タカさんはたまたまBlogなどをやっていないからだけ。記者の皆さん、タカさんは先頭で、陣頭指揮をしていますよ」と、声明文をブログに掲載した水道橋博士、つまみ枝豆、グレート義太夫、ダンカンと同じ思いであることを訴えた。

 続けて「ラッシャーさんも同じくBlogを持っていないから」とラッシャー板前もSNSがないだけで、思いは一緒であるとした。

 この日はダンカンもブログで「IT(て、言い方でいいのかな?いや、オレ自身ブログが精一杯の通信機器音痴なんです)を持っていないだけで気持ちは一つです。以上これだけは伝えておきたかったので…」と、タカが声明文に加わっていない理由を伝えていた。

 水道橋博士らは1日、ブログで「殿独立の経緯と真相…」と題した同じ文面を1日にアップ。たけしが知らない間に森昌行社長がオフィス北野の筆頭株主になってしまっていたことや、森社長を始め、会社の役員報酬の金額がたけしが容認できないほど高額になっていることなどを挙げた。また昨年9月決算で事務所が赤字に転落し、話し合いを行ったにも関わらず、森社長の提案した改善策がなかなか進まないことにしびれを切らしたたけしが独立することに至ったことなどを詳細につづっている。



コメントを残す