ビートたけしの独立、水道橋博士ら軍団メンバーが経緯説明 事務所側に「明らかな違法行為」 – ねとらぼ

Home » 起業・独立 » ビートたけしの独立、水道橋博士ら軍団メンバーが経緯説明 事務所側に「明らかな違法行為」 – ねとらぼ
起業・独立 コメントはまだありません






 たけし軍団のつまみ枝豆さんやダンカンさん、グレート義太夫さん、漫才コンビ「浅草キッド」の水道橋博士さんが4月1日、ビートたけしさんが芸能事務所「オフィス北野」を退社/独立したことについて異例の声明文をそれぞれのブログで一斉に発表しました。



 「お笑い芸人にあるまじき、『真面目』なお知らせ」として記されているのは、たけしさん独立に至る事実やいきさつを「たけし軍団の認識」としてつづったもの。

 内容は、かねてオフィス北野の経営/財務は森昌行社長に任せていたが、数年前、「明らかな違法行為」とする別会社の無断増資をきっかけに不信が生まれたこと。その後、たけしさんらが知らない間に森さんがオフィス北野の株式を65%取得し筆頭株主として経営権を得ていたこと。森さんや他の役員の報酬がたけしさんにとって容認できない水準だったことを「明らかな違法行為」や「完全な裏切り行為」と指摘しながら明かしています。

 会社の経営を私物化するような動きについては森社長から謝罪があり、信頼回復に向けて体制を継続していたものの、2017年9月末決算で同社は赤字に転落。2018年2月に関係者が集い経営上の問題を話し合い、その結果、森社長が所有する全ての株式をたけしさんの指図の下たけし軍団メンバーに贈与するとともに、会社を縮小し社員への高額給与体質を改善する約束を交わしたとしています。

オフィス北野 北野武 ビートたけし つまみ枝豆 ダンカン グレート義太夫 水道橋博士 たけし軍団 森昌行
ビートたけしさん

 しかしその後、作業は遅延。3月に入りたけしさんがしびれを切らして独立したのが経緯だとし、一部報道にあるようなビジネスパートナーの女性が影響を及ぼす余地があったとは「到底思えません」としています。

 その上で「せっかく1度は、互いの信頼回復の機会がありながら、結果的に、森社長が師匠の信頼を裏切ってしまう形になってしまったことは、たけし軍団一同、師匠に対し申し訳ない気持ちでいっぱいです」とたけしさんに謝罪。一方で、「今後は、たけし軍団、オフィス北野に所属するタレントのために経営を続けて取り組んでいきたい、とのことで、たけし軍団は、新事務所に移籍することなく、オフィス北野に居残り、出直しすることに至りました」と森社長からの謝罪を受け入れ残留するたけし軍団の状況を説明しました。

 また、一部報道で、たけしさんの映画「アウトレイジ」の登場人物のようなけんまくでたけし軍団による社員へのどう喝があったとする件については「甚だ心外であり、強く抗議したい」と否定。さらに、たけしさんが株主から離れたのも保身でなく、むしろ軍団のために資産を保全したい意図であり「まるで師匠が、自分だけの利益を考えて逃げ切ったかのような報道は、事実無根」だとしています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.




コメントを残す