ガダルカナル・タカがビートたけしの独立騒動に言及 社長の裏切りを認める – livedoor

Home » 起業・独立 » ガダルカナル・タカがビートたけしの独立騒動に言及 社長の裏切りを認める – livedoor
起業・独立 コメントはまだありません



 たけし軍団の一人、ガダルカナル・タカが2日、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」の独占インタビューに応じ、師匠であるビートたけしの独立騒動について激白した。インタビューは2日正午過ぎに行われた。



 水道橋博士やダンカン、つまみ枝豆、グレート義太夫ら軍団メンバーが1日夜にたけしが独立した経緯について全員が同じ内容の“声明”を発表した。タカは、たけしが自身が役員を務めていた「オフィス北野」を独立した真相は、森昌行社長の完全な裏切りなのか?と質問されると、「もうここ(軍団の声明)に書いてあるのは間違いないです」と認めた。

 軍団メンバーは声明文で、オフィス北野について(1)師匠(たけし)が知らない間に、森社長が、何時の間にか、オフィス北野の筆頭株主になっていた (2)森社長をはじめ、会社の役員報酬の金額が師匠にとっては容認できない水準になっていた−−の問題が発覚したことを告白。ほかの事案も含めて是正するよう話し合いを持ち、改善を約束されたが、事態が遅延し、「師匠がしびれをキラして独立」することを決めたことなど、経緯を説明した。

 番頭格のタカが、博士らのようにSNSで何も発信しなかったことに一部で“黒幕”的に報じられる誤解も生まれたが、タカはラッシャー板前らと同じく、ブログなどSNSをやっておらず、発信する場を持っていない。代わりにレギュラー出演する「ミヤネ屋」の独占インタビューを受けたようだ。



コメントを残す