シェア180、ボルダリング設置のシェアハウス開業 港区で定員16人 – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » シェア180、ボルダリング設置のシェアハウス開業 港区で定員16人 – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません



 シェアハウスの企画や運営を手掛けるシェア180(名古屋市)が名古屋市港区でスポーツクライミングのボルダリングの壁を設置したシェアハウスを開業した。人気スポーツ設備を設置して若者を呼びこむ。



ボルダリングが設置されたシェアハウス(名古屋市)

 シェアハウスは木造2階建てで、延べ床面積326平方メートル。定員16人。個室は壁の色などで4種類あり、ロフトや収納家具がある。

 共用部には高さ8メートルの室内ボルダリングの壁を設置した。4段階の難易度に対応したホールド(突起物)があり、習熟度に応じて楽しめる。ほかにも卓球台やビリヤード、ダーツなどをそろえ、住民らと親交を深められるようにした。

 また芝生の庭やウッドデッキがあり、住民同士でバーベキューなどもできるようにした。家賃は4万円から。光熱費を含む共益費1万3000円が別途かかる。



コメントを残す