たけし独立 オリラジ中田が推測「しがらみの中で自由がきかなかったのかも」 – スポーツニッポン

Home » 起業・独立 » たけし独立 オリラジ中田が推測「しがらみの中で自由がきかなかったのかも」 – スポーツニッポン
起業・独立 コメントはまだありません



「オリエンタルラジオ」の中田敦彦
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(35)が13日、TBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に生出演。3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立することが明らかとなったビートたけし(71)について言及した。



 「オフィス北野」の森昌行社長(65)は13日、スポニチ本紙の取材に対してたけしの独立を認め、理由については、たけしから「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」という申し出があったことを明かした。

 これを受けて、番組MCの「TOKIO」国分太一(43)は「番組に出るだけではなく、映画や本も書いていらっしゃる。自分の時間を増やしたい思いは何となくわかる」と理解を示し、「驚きなのが71歳ということ。お元気ですよね」と語った。

 中田は「自分の時間を増やしたい」とするたけしの言葉に、「予定を自分でハンドリングしているイメージがありましたけど」としつつも、「しがらみの中であまり自由がきかなかったのかもしれませんね」とコメント。国分が「たけしさんは(オファーを)断れないところもあるみたいなので、やりたいことがたくさんある中で、家に帰ったらベッドに行かないで、こたつなんかで(小説の)執筆をするらしいですよ。それでそのまま落ちる(眠る)みたいです」とたけしの多忙ぶりを明かしていた。



コメントを残す