あいの風とやま鉄道 開業3年 利用客は予想を7%上回る – チューリップテレビ公式サイト

Home » 起業・独立 » あいの風とやま鉄道 開業3年 利用客は予想を7%上回る – チューリップテレビ公式サイト
起業・独立 コメントはまだありません



 あいの風とやま鉄道 開業3年 利用客は予想を7%上回る

(2018年03月14日 18時55分)



 北陸新幹線の開業に伴ってJRから経営を引き継いだあいの風とやま鉄道が、14日で開業3周年を迎え、駅の利用者に記念の『しろえびせんべい』が配られました。

 あいの風とやま鉄道は、開業3周年を記念して、富山・高岡・魚津の3つの駅で朝の通勤時間帯に『しろえびせんべい』を配りました。

 このうち、富山駅では、用意していた記念せんべい1800枚が30分でなくなりました。

 あいの風とやま鉄道によりますと、開業後の3年間の平均利用者数は1日あたり4万人あまりで、開業前の予想をおよそ7%上回っています。

 (日吉社長)「3年経った状態で県民の足にしっかり根付いて、利用状況も順調にきている」

 また、日吉社長は、新しい駅「高岡やぶなみ駅」が今週末、高岡駅と西高岡駅の間に開業することにふれ、
「今後より一層、利便性の向上に努めていきたい」と話しました。



コメントを残す