青函トンネル開業30周年! 新函館北斗駅でセレモニー、パネル展も – マイナビニュース

Home » 起業・独立 » 青函トンネル開業30周年! 新函館北斗駅でセレモニー、パネル展も – マイナビニュース
起業・独立 コメントはまだありません



JR北海道・JR四国の共同企画「青函トンネル&瀬戸大橋開業30周年記念キャンペーン」のオープニングセレモニーが10日、新函館北斗駅にて開催された。13カ月間にわたるキャンペーンのスタートに合わせ、記念ツアーの出発式や出迎えイベントも行われた。



「青函トンネル&瀬戸大橋開業30周年記念キャンペーン」は、青函トンネルと瀬戸大橋がともにこの春で開業30周年を迎えることから、JR北海道がJR四国に共同開催を呼びかけて実現したという。

新函館北斗駅で開催されたセレモニーでは、JR北海道鉄道事業本部営業部長の萩原国彦氏が「北海道から南へ、南から北海道へと大きな(人の)動きを作っていきたい」と挨拶。JR四国取締役鉄道事業本部営業部長の藤本聡氏も「(1988年の)青函トンネルと瀬戸大橋線の開業で全国の鉄路が1本に結ばれ、当時の国鉄は『一本列島』のキャッチフレーズでこれをPRしていました」と当時の思い出を語った。

阪急交通社が実施するキックオフツアー「日本列島大縦断フルムーンの旅5日間」の出発式も同時開催。新函館北斗駅(JR北海道)駅長の鳴海正氏、宇多津駅(JR四国)駅長の木村仁則氏がホームに立ち、参加者44名が乗り込んだ「はやぶさ22号」(新函館北斗駅12時44分発)に出発合図を送った。

キャンペーンが長期にわたることについて、「短い期間で実施するよりも、(北海道と四国の)四季折々を感じていただくことを意図しました」とJR北海道の萩原氏は説明。「観光素材はそろっているので、ブラッシュアップして皆様に提案していきたい」と展望を語った。この日は新函館北斗駅の他にも、函館駅・木古内駅・奥津軽いまべつ駅などでご当地キャラクターや横断幕による列車の出迎え・見送りイベントが行われた。

新函館北斗駅と函館駅では、青函トンネル開業までのあゆみを紹介するパネル展が3月10日からスタート。新函館北斗駅では、技術者として青函トンネルの建設に携った角谷敏雄氏(青函トンネル記念館ボランティアガイド)が説明に立ち、「暑さと湿度、出水に悩まされ、毎日が命がけでした」と当時を回想した。「つらいことや苦しいことばかりだったが、日本のため、北海道のためと信じて掘った。トンネルマンとして、(青函トンネルを通る列車が)いつまでも安全な乗り物であって欲しいと願っています」と話した。



コメントを残す