小学館とVOYAGE GROUPが共同出資で会社設立 コンテンツのデータベース化を支援 – MarkeZine

Home » 起業・独立 » 会社設立 » 小学館とVOYAGE GROUPが共同出資で会社設立 コンテンツのデータベース化を支援 – MarkeZine
会社設立, 起業・独立 コメントはまだありません



 小学館とVOYAGE GROUPは、共同出資会社「株式会社C-POT」を1月11日に設立した。尚、出資比率は、小学館が70%、VOYAGE GROUPが30%となっている。



 昨今、デジタル化の進む中で、フォーマットやビジネスが多様化し、コンテンツの持ち方や管理方法が複雑化。そのため、様々なコンテンツや権利を一元的に管理し、活用できる仕組みが求められている。

 今回両社が設立した新会社では、小学館のコンテンツとその権利、コンテンツの作成ノウハウ、またVOYAGE GROUPのシステム開発力やマネタイズ、サービス企画力を活かし、運営を行う。

 これにより両社は、横断的なコンテンツデータベースを構築し、多様なフォーマットやビジネスに提供可能な形でコンテンツを管理、展開できる体制を整える狙いだ。

 また、新会社ではまず、小学館グループ内のデジタルコンテンツのデータベース化を進めているが、将来的には様々な出版社でも支援を行い、出版業界におけるコンテンツのデータベース化を模索していく。

【関連記事】
DACとクオントが提携 コンテンツマーケティング行う媒体社向けに支援を開始
人が近づくとコンテンツが切り替わる!店頭販促の新型ツール「デジタル仕切りPOP」がリリース
雑誌からWebへの完全移行から約4ヵ月、小学館の「マネーポストWEB」が月間1,000万PV突破
MERY、小学館との新体制で11月21日に提供開始 一般投稿による記事は扱わず公認ライターを起用
小学館のコミックアプリ「マンガワン」、AppLovinと提携し動画を含むネイティブ広告を配信へ



コメントを残す