[注目トピックス 日本株]ラクス Research Memo(3):安定した急成長を支えるストック型ビジネスモデル – エキサイトニュース

Home » 起業・独立 » エンジェル税制 » [注目トピックス 日本株]ラクス Research Memo(3):安定した急成長を支えるストック型ビジネスモデル – エキサイトニュース
エンジェル税制, 起業・独立 コメントはまだありません



*15:02JST ラクス Research Memo(3):安定した急成長を支えるストック型ビジネスモデル
■事業概要



1. クラウド事業
ラクス<3923>のクラウドサービスの特徴の1つは、カスタマイズや機器販売を極力行わないことである。これは、受注に伴う労働集約的な要素を排除し、効率を上げる狙いがある。結果として、クラウド事業売上高に占める月額料金の割合は93.5%(2018年3月期第2四半期)となっており、高いストック売上比率になっている。個別のカスタマイズは極力行わない一方で、営業・サポート・開発チームは、顧客ニーズを的確に捉え、素早く本体サービスを改善する。この結果、解約率が低くなり、導入社数は積み上がっていく。売上高が固定費を超えてくると、変動費が小さいために利益率が急速に高まってくる。同社のクラウド事業の利益率(セグメント利益/セグメント売上高)は19.6%(同)に達する。

同社の特徴は、複数のクラウドサービスを開発・育成し、クラウドサービスのポートフォリオを有していることである。対象は、中小企業向けの、業務効率化に貢献するサービスに絞っている。顧客はコスト削減や業務効率化効果が見えやすいため、継続利用につながりやすい。

これまで同社を支えてきた「メールディーラー」は、2001年の発売以来、EC事業者やWebサービス事業者にとって欠かせないサービスとして浸透し、この分野のデファクトサービスとなっている。



コメントを残す