[注目トピックス 市況・概況]10時38分時点の日経平均は119円安、品質不正発覚の三菱マが8%超の下落 – エキサイトニュース

Home » 起業・独立 » エンジェル税制 » [注目トピックス 市況・概況]10時38分時点の日経平均は119円安、品質不正発覚の三菱マが8%超の下落 – エキサイトニュース
エンジェル税制, 起業・独立 コメントはまだありません



*10:39JST 10時38分時点の日経平均は119円安、品質不正発覚の三菱マが8%超の下落
10時38分時点の日経平均は前日比119.01円安の22404.14円。TOPIXは前日比6.92pt安の1770.16pt。



東証1部の売買代金トップは任天堂<7974>。その他、スタートトゥデイ<3092>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>、三菱マ<5711>、SUMCO<3436>などがランキング上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり847銘柄、値下がり1073銘柄。値上がり率上位銘柄は、ニッカトー<5367>、スタートトゥデイ<3092>、イートアンド<2882>、ヤーマン<6630>、ヘリオステクノ<6927>など。

三菱電線工業、三菱伸銅、三菱アルミニウムの子会社3社で検査データの改ざんなどの不正があったと発表した三菱マ<5711>は8%超の急反落。一方で、プライベートブランド「ZOZO」の立ち上げのほか、自動採寸ボディスーツ「ZOZOSUIT」の無料配布を発表したスタートトゥデイは12%超の急騰となっている。

《DM》



コメントを残す