YouTubeから火がつきクラウドファンディングで長編化! 驚異のFPS映画『ハードコア』監督インタビュー – エキサイトニュース

Home » 資金調達 » クラウドファンディング » YouTubeから火がつきクラウドファンディングで長編化! 驚異のFPS映画『ハードコア』監督インタビュー – エキサイトニュース
クラウドファンディング, 資金調達 コメントはまだありません



“未だかつてない”“誰も見た事のない”これらは、映画を形容する際にしばしば使われる言葉である。が、4月1日に公開となる映画『ハードコア』は、本当の意味で“未だかつて誰も見た事のない映画”である事は間違いないでしょう。



まずはこの本編動画を見てください。

映画『ハードコア』:激ヤバカーチェイス動画解禁
https://www.youtube.com/watch?v=USiW2lfOKhQ [リンク]

そう、この映画主人公は“自分”なのだ。全編FPS<一人称視点>で作られた本作は、観るからシンクロするという、映画の新しい表現方法を実現した超意欲作! ロシア出身の新人監督イリヤ・ナイシュラーが制作したプロモーション映像がネット上で大きな反響を呼び、クラウドファウンディングによって長編映画化が実現したという次世代の一本なのです!

【ストーリー】
準備はいいか?あなたは今から、愛する人を取り戻すためこの“クレイジーな世界”に放り込まれる。妻であり、絶命したあなたの身体をサイボーグ化し蘇生させた一流の研究者である美女・エステルが、エイカンという奇妙な能力を使うヤツに誘拐されてしまった。道先案内人は変幻自在のジミー。あなたの身体を狙うエイカン率いる傭兵たちを倒し、エステルと“記憶の謎”を取り戻すことが出来れば、あなたの存在する目的と真実を知ることができるかもしれない。幸運を祈る。

今回ガジェット通信では、本作を手がけたイリヤ監督にインタビューするミッションを遂行。映画について、熱い想いを聞いてみました。

―本作はクラウドファンディングで長編が作られた経緯をもっていますが、作品作りのきっかけを詳しく教えてください。

イリヤ監督:2013年の春頃に自分のバンドの「Bad Motherfucker」というミュージックビデオをやって、その時は映画にしたいとか全くそういった計画はなくて。単にミュージックビデオとして作っただけだったんですけど、まぁそれがたまたまYoutubeにアップしたら一気に炎上と言うか火がついて(笑)。



コメントを残す