大阪府が「森友」幼稚園立ち入り 補助金の不正受給疑惑 – 東京新聞

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 大阪府が「森友」幼稚園立ち入り 補助金の不正受給疑惑 – 東京新聞
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



塚本幼稚園(左)へ立ち入り調査に向かう大阪府の職員ら=31日、大阪市淀川区で

写真

 大阪府は三十一日、私立学校振興助成法に基づき、学校法人「森友(もりとも)学園」が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)を四時間近くにわたり立ち入り調査し、園長の籠池泰典(かごいけやすのり)氏も同席した。補助金不正受給疑惑に関し、松井一郎知事は「事実を明らかにしたい。真摯(しんし)に対応してほしい」と強調、違法性が明確になれば刑事告訴・告発に踏み切る考えを改めて示した。大阪市も系列保育園を調査。

 府の調査対象は、塚本幼稚園に対して二〇一一〜一五年度に交付した経常費補助金計約一億七千五百万円のうち籠池氏の妻で副園長を務める諄子(じゅんこ)氏らの「専任教員」としての人件費と、「要支援児」の受け入れ補助金約七千万円。勤務実態や園児に関する資料の原本を確認する。

 学園が大阪府豊中市の旧国有地で設置認可を申請した小学校を巡り、金額の異なる工事請負契約書が存在する経緯についても事情を聴く。松井氏は「事実を知っているのは森友学園と建築会社、設計事務所だ。この皆さんが誠実に真実を話すべきだ」と求めた。府庁で記者団の質問に答えた。

 府は今月九日にも小学校の現地調査をしたが、諄子氏が許可なく職員の写真を撮り始めたため、途中で打ち切っていた。

 大阪市は三十一日午後、籠池氏が代表の社会福祉法人が運営し、諄子氏が園長を務める「高等森友学園保育園」(淀川区)を調査。虐待の疑惑に加え、諄子氏の勤務状況を調べ、常勤の園長を置くことで増額される「所長設置加算」の不正受給がないか確認する。

◆幼保運営に多額公費

 学校法人「森友学園」が運営する「塚本幼稚園」や系列の「高等森友学園保育園」には、不正受給の疑いで大阪府市が調査対象としている補助金以外にも多額の公費が投じられている。

 府は幼稚園の経常費を助成。教育環境を向上させたり、保護者の負担を間接的に軽減したりするのが目的で、人件費や運営費に充てられ、教員や園児数などに応じて額が決まる。例年、数千万円を受け取っている。

 幼稚園が教育時間の前後に実施している「預かり保育」の事業補助として府は二〇一五、一六年度に百四十五万円ずつを支給した。

 設置認可が一九五三年と古い幼稚園に対し、保育園開設は七年前。市などが施設建築費として計約七千六百万円を助成し、運営費としても毎年六千万円前後が交付されている。

この記事を印刷する





コメントを残す