不動産スタートアップのiettyがセンチュリー21・ジャパン、伊藤忠と資本 … – TechCrunch Japan

Home » 起業・独立 » フランチャイズ » 不動産スタートアップのiettyがセンチュリー21・ジャパン、伊藤忠と資本 … – TechCrunch Japan
フランチャイズ, 起業・独立 コメントはまだありません



左からセンチュリー21・ジャパン代表取締役社長の長田邦裕氏、ietty代表取締役社長の小川泰平氏、同取締役COOの内田孝輔氏、伊藤忠商事 建設物流部門 主任の堀慶太氏

チャットUIを用いたオンライン不動産仲介サービス「ietty」を展開するietty。1月にはチャットUIとAIを用いた接客サービスの導入・運用支援ソリューションの提供を発表した同社だが、今度は全国展開を見据えた第一歩を踏み出した。同社は3月30日、センチュリー21・ジャパンおよび伊藤忠商事との資本業務提携を行ったことを明らかにした。資本提携では、2社を引受先にした総額2億5000万円(センチュリー21が2億円、伊藤忠が5000万円)の第三者割当増資を実施している。



センチュリー21は世界最大級の不動産ネットワークである「センチュリー21」の日本本部として、国内に900店舗のフランチャイズ事業を展開している。不動産各社がそうであるように、同社も不動産テックの領域に挑戦。これまで営業支援向けクラウドの開発やマンションの自動査定システムなどへの投資を進めてきた。AIやビッグデータの活用などを視野に入れていたが、今回の提携もその延長線上にある話だという。今後はiettyが展開するチャットUIによる接客サービスの導入を進めるほか、iettyが研究中だというAIを活用したサービスの展開も視野に入れる。センチュリー21は不動産の売買仲介と賃貸仲介を展開しているが、ビジネスの中心となっているのは売買仲介。今回の提携を契機に賃貸仲介のサービスのテコ入れを図る。

ではiettyとして狙うことは何かというと、サービスの全国展開だ。iettyは現在、首都圏と関西圏のみでサービスを提供している。だがセンチュリー21のフランチャイズ店舗と組むことで、全国へのサービスを提供していく。具体的には、iettyが提供するチャット接客サービスをセンチュリー21が導入。賃貸仲介を希望するユーザーの対応をietty側で行う。そして現地での見学や契約については各地にあるセンチュリー21のフランチャイズ店舗が対応するというスキームを展開する予定だ。「東京や大阪でのiettyのサービスは順調。今度は面を増やしていきたいが、現地で拠点を構えて、採用して、というのはスタートアップ単体では難しい。iettyのコアコンピタンスはチャットUIを通じたオンラインでの接客業。一方で足回りはコストがかかるので、誰かと組む必要があった」(ietty代表取締役社長の小川泰平氏)

なおこのチャット接客事業、IDOMに次いで大手家具ECやスポーツ系ECなどからも問い合わせが来ており、今春にも1社導入が開始される予定だという。

iettyでは、賃貸物件の独自データベースの構築も検討中だという。「iettyは(チャットUIで得たビッグデータという)不動産の評価データをためることができる。それを元に、物件に対するフィードバックが可能なデータベースを1年がかりで作ろうとしている。『物件が埋まらない』と話す大家に対して、どんな理由があるかをフィードバックできるようになる。センチュリー21には『21クラウド』と呼ぶ独自の物件データベースもあるので、繋ぎ込みもしていきたい。賃貸仲介は価格競争になりがち。だが、この領域のトランザクションを押さえて上の領域、つまり不動産の管理や売買仲介などにも挑戦していきたい」(小川氏)



コメントを残す