〈勝訴に向かって/無償化・補助金裁判の今 7〉愛知では更新弁論、広島は結審 – 朝鮮新報

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 〈勝訴に向かって/無償化・補助金裁判の今 7〉愛知では更新弁論、広島は結審 – 朝鮮新報
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



子どもが笑顔になれる判決を

3月15日、愛知無償化裁判の第22回口頭弁論が名古屋地裁で行われた。愛知では裁判長が再度交代したため、これまでの主張を総まとめして伝える「更新弁論」の場が持たれた。一方、広島では3月8日に最終弁論を迎えた。法廷では学園理事長と卒業生が意見陳述したほか、原告側の弁護士ら7人も発言し、国の不当性と民族教育の権利性を強く主張した。(月刊「イオ」編集部)



*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************




コメントを残す