ベンチャーに開業資金 沖縄公庫、沖縄市の支援拠点と連携 – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » ベンチャーに開業資金 沖縄公庫、沖縄市の支援拠点と連携 – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません



 沖縄振興開発金融公庫は、沖縄県沖縄市と同市の創業・起業支援拠点「スタートアップカフェコザ」と連携し、4月に開業予定の青果小売店に開業資金を融資した。スタートアップカフェコザは2016年にオープン。沖縄公庫は同施設を活用したベンチャー企業に、金融機関として初めて融資した。



 融資を受けたのは沖縄市に4月にオープンする青果小売店の「夢青果」(島袋賢人代表)。契約農家から有機野菜や規格外の野菜を仕入れて販売する。スタートアップカフェコザの助言を受けて創業計画を策定した。沖縄公庫は低利の長期資金を融資し、運転資金や設備投資に充てる。

 スタートアップカフェコザは沖縄市内の商店街の空き店舗を活用し、IT(情報技術)教育を受けたり、起業を目指す人が専門家から助言を受けたりすることができる。沖縄公庫は琉球銀行やコザ信用金庫とともに、沖縄市と連携協定を締結し、融資の相談に応じている。今後も同施設を活用した起業家を支援する考えだ。



コメントを残す