横浜冷凍/ハイブリッドローン(劣後特約付ローン)による資金調達を実施 – 物流ニュースリリース (プレスリリース)

Home » 資金調達 » 横浜冷凍/ハイブリッドローン(劣後特約付ローン)による資金調達を実施 – 物流ニュースリリース (プレスリリース)
資金調達 コメントはまだありません



ハイブリッドローン(劣後特約付ローン)による資金調達のお知らせ



当社は、2017 年3月 29 日、ハイブリッドローン(劣後特約付ローン)(以下、本ハイブリッドロ ーンという)による資金調達を実施することとしましたので、下記の通りお知らせします。

1.本ハイブリッドローンによる資金調達の目的

当社グループは、今後、更なる持続的な成長を目指し、基幹事業である冷蔵倉庫及び食品販売の2 つの事業における成長投資のため、本ハイブリッドローンによる資金調達を実施することを決定いた しました。 冷蔵倉庫事業では、新設予定の物流センターの建設資金に投入し、食品販売事業においては、海外 事業を拡張していくための原資として活用してまいります。 本ハイブリッドローンは、メインバンク及び政府系金融機関をはじめとする主要取引銀行を貸付人 とし、格付機関により一定の資本性が認められる見通しであることから、株式の希薄化なしに実質的 な財務体質を強化することが可能であります。

2.本ハイブリッドローンの特徴

この度の資金調達の手法は、資本と負債の中間的性質を持つハイブリッドファイナンスの一形態で あり、負債でありながら、利息の任意繰り延べ、超長期の返済期限等、資本に類似した性質及び特徴 を有しております。このため格付機関(株式会社日本格付研究所)より、格付上、資金調達額の 50% に対して資本性の認定を受けられる見通しであります。また、本ハイブリッドローンには普通株式へ の転換権は付されてないことから、株式の希薄化は発生しません。

3.本ハイブリッドローンの概要

(1)資金調達額 150 億円(予定)

(2)契約締結日 平成 29 年3月 29 日

(3)実行日

第1回 平成 29 年3月 31 日 100 億円(予定)

第2回 平成 29 年9月 29 日 50 億円(予定)



コメントを残す