「キッテ名古屋」4月1日全面開業 名古屋駅前に活気 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » 「キッテ名古屋」4月1日全面開業 名古屋駅前に活気 :日本経済新聞 – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません



 名古屋駅前(名古屋市中村区)の大型複合ビル「JPタワー名古屋」が来月1日、全面開業する。入居する商業施設「KITTE(キッテ)名古屋」の1階には総菜店やバーなど6店舗が新たにオープンする。ビルを利用するビジネスマンや市バス利用者などのニーズを取り込む。2027年のリニア中央新幹線開業を控え、再開発に沸く名駅エリアに一段のにぎわいを創出する。



キッテ名古屋に新たに入居する6店舗の従業員らがあいさつした(29日、名古屋市)

 29日午後、報道陣向けの内覧会を開いた。「JPタワー名古屋」を運営する日本郵便の横山明彦不動産部長はあいさつし、「キッテ名古屋を通じて街づくりに貢献し、名駅のにぎわいや利便性を高めていく」などと述べた。JPタワー名古屋の1階には来月1日、バスターミナルが開業する予定で、乗降客の増加や名駅全体の活性化が進むことが期待される。

 来月1日オープンするのは酒販売の「純米酒専門YATA」、ういろうの「青柳総本家」、総菜店の「デリカキッチン」など6店。名駅エリアで働く会社員や市バス利用者、観光客などのニーズを取り込む。

 キッテ名古屋は地下1階から地上3階に飲食店や雑貨店、名古屋中央郵便局などが入る。昨年6月には、地下1階~地上3階の物販・飲食フロアの30店が先行して開業していた。



コメントを残す